プログラム


ダウンロード
メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー 2017 in 京都 プログラム
HASMSプログラム最新版 .pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 249.3 KB

9:30〜   受付開始

10:00〜 開会あいさつ 京都下鴨病院理学療法部 小野志操

 

第1部 座長:健康科学大学健康科学部 山本泰宏

10:05〜10:15 股関節鏡の歴史 

       滋賀医科大学整形外科 川崎拓

10:15〜10:25 股関節の解剖バイオメカニクス 

       大阪市立大学整形外科 橋本祐介

10:25〜10:35 Patient Selection 

       聖路加国際病院整形外科 斎藤昌愛

10:35〜10:45 股関節の身体所見の取り方 (関節内と関節外) 

       神戸大学整形外科 橋本慎吾

10:45〜10:55    FAIの診断指針と多様性 

       北里大学医学部整形外科学 福島健介

10:55〜11:05    AIIS impingement

       帝京大学溝口病院整形外科 金崎志帆 

 

第2部  座長 羊ヶ丘病院整形外科 加谷光規

11:10〜11:20   股関節の患者立脚型スコアー

                           公立陶生病院整形外科 渡邊宣之

11:20〜11:30   画像診断  X-P CT MRI 

                           産業医科大学若松病院整形外科 中島裕貴

11:30〜11:40   新たな画像診断 PETの有用性   

                           横浜市立大学整形外科 小林直実

11:40〜11:50   画像診断 超音波と超音波ガイド下の注射 

                           産業医科大学若松病院整形外科 大西康央  

 

第3部 座長:市立ひらかた病院整形外科 大原英嗣

11:55〜12:05  関節外病変 弾発股 Ischiofemoral impingement

                          横浜市立大学附属市民総合医療センター整形外科 雪澤洋平

12:05〜12:15  股関節鏡 safe set up 合併症を予防する

                          産業医科大学若松病院整形外科 大西康央

12:15〜12:25  股関節鏡の基本手技 

                          浜松医科大学整形外科 錦野匠一

 

ランチョンセミナー 座長 浜松医科大学整形外科 星野裕信

共催:スミス・アンド・ネフュー株式会社

12:30〜13:30 最新の股関節鏡視下手術の手技

       産業医科大学若松病院整形外科 内田宗志

13:30~13:40   休憩

 

第4部 座長 株式会社ゼニタ銭田治療院 銭田良博

13:40〜13:50   股関節可動域測定による評価と工夫

                           京都下鴨病院理学療法部 爲澤一弘

13:50~14:00   股関節術後の外転筋・伸展筋の量的質的筋機能障害             

                            阪奈中央リハビリテーション専門学校理学療法学科 田中貴広

14:00~14:10   機能解剖学的視点からみた評価のポイント

          京都下鴨病院理学療法部 小野志操

14:10〜14:20   セラピストで対応可能な股関節周囲の絞扼神経障害

       烏丸御池整形外科リハビリテーション科 永井教生

14:20〜14:25 休憩

 

第5部 座長 平針かとう整形外科リハビリテーション科 岡西尚人

14:25〜14:35  アスリートに対するリハビリテーション

                          アレックス尾山台整形外科リハビリテーション科 竹内大樹

14:35〜14:45  競技復帰に向けたReturn to Sports Test

                          京都下鴨病院理学療法部 團野翼

14:45〜14:55  術後アスレチックリハビリテーション

        アレックス尾山台整形外科リハビリテーション科 青山倫久

14:55〜15:10  アスリートの股関節痛に対する保存療法

        じんどう整骨院アスリート 畑中仁堂

15:10〜15:25  アスリートの股関節痛に対する術後療法

       株式会社ゼニタ銭田治療院 銭田良博

15:25〜15:30  休憩

 

第6部   シンポジウム 座長 京都下鴨病院理学療法部 小野志操

15:30〜15:45   FAIに対する理学療法

         大阪医科大学附属病院リハビリテーション科 佐藤久友

15:45~16:00 寛骨臼形成不全に対する理学療法

       産業医科大学若松病院リハビリテーション部 立石聡史

16:00 ~16:15    FAIの術後リハビリテーション〜体幹機能改善に着目して〜

       産業医科大学若松病院リハビリテーション部 高橋誠

16:15〜16:30 股関節機能障害に対する保存療法〜体幹機能改善の解剖学的考察〜

       平針かとう整形外科リハビリテーション科 岡西尚人

16:30〜17:10    総合討議

17:10〜            閉会の辞